【SDGsマン】さぁ!今すぐ行動しよう!母親だからできる社会貢献を考えてみた。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

『子供を産んだんだから、良いお母さんでいるべきだ』
『自分のようなコンプレックスのある子にしてはいけない』
『母親なんだから・・・!(プレッシャー)

こんなとんでもない勘違いをしていた2児の母とは私です。

そうやって勝手に自分にプレッシャーをかけてしまってここ最近疲れちゃってたんですよね。
笑顔も自然と減っちゃって
「自分なんて自分なんて…」って毎日のように自分自身を責めてしまっていました。

そんな時、私が通うブログの学校のオンライン講演がありました。

内容はSDGs(エス・ディー・ジーズ)について

持続可能な開発目標(SDGs)とは…

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます

引用元:JAPAN SDGs Action Platform

 

ちょっと場違いすぎじゃないか?とも思いましたが講演後には「私なんて…」どころか「私には何ができるか」って考えていました。

そんでもって今すぐできる社会貢献について考えてみました。

 

SDGsマンとはどんなかた?

 SDGsマンとは
        SDGsの取り組みに「みんなで参加しようぜ!やるかやらないかだぜっ!」と熱くわかりやすくギブギブ精神でお話しする講演家。

 

SDGsってそもそもなんなんだ!?

この地球上で様々な問題が起きています。

経済格差、貧困、環境破壊、エネルギー、地球温暖化などなど。

これらの問題を地球に住む人類みんなで力を合わせて解決しよう!2030年までに!
わかりやすく目標はこの17項目だよ!

 

ってのが上の画像。

色々ありますね。ぱっと見てあなたならどれに参加できそうですか?

 

講演”前”の私の心の声(SDGsって規模でかすぎて一般人には関係あるんかな…)

関係あるかもわからないのに参加したの・・・?

講演家ってどんな仕事なんだろうとか、SDGsってなんなんだろ〜な?と思って。関係あるのかわかんないけど。

 

SDGsは国連で採択されたものなんですね。
この場にいた人たち、私は誰も知り合いではないんですけど。(大体の人がそうか)

 

じゃあ…関係ないの??違う気がする。

 

SDGsは一人一人が取り組むべき課題なのだ

子供の頃、好き嫌いをした時に「今もご飯が食べられなくて死んじゃう子もいるんだよ!」って言われたことがあります。
これでもかってレベルのキョトン顔をした記憶があります。

物資も環境もそれなりに整っている日本に生まれ育っていたので「ご飯が食べれないってどういうこと??」って想像ができなかったんですね。

 

今、同じことを聞くと胸が痛みます。
でも、私は食糧難の国に食べ物を持ち込んだことはありません。
また個人の力で食料へと遠く離れた国へと運ぶのも現実的な行動ではないです。
もしこの問題に私が取り組むとすれば、飢餓で苦しむ子供達のために取り組む団体を調べてそちらに募金する方がよっぽど現実的です。

 

自分ができるレベルに落とし込んで考える。
そうすると自然と自分ができることやれることを一生懸命考えるように人間なるみたいです。

 

講演”後”私の心の声(あ、これなら私できるんじゃないか)

 

私これならできそうと思ったのがこの項目。

さらにその中にあるコレです。

4.2 2030年までに、すべての子どもが男女の区別なく、質の高い乳幼児の発達・ケア及び就学前教育にアクセスすることにより、初等教育を受ける準備が整うようにする。

 

お母さんだからこそ今すぐできる!社会貢献活動

私はそもそも教育関係の人じゃないし、今も教育に関することは仕事として何も活動していません。

 

 お母さんも立派な教育者だと思う 

 

目の前に、初等教育を受ける準備中の幼児が二人いるわけです。
この子たちに親として提供できる質の高い発達・ケアって

 

  • 笑顔でいること(=安心して過ごす家庭を作ること)

これだけでも質の高い発達に貢献できる。

そう思いませんか?

両親が仲良しで、笑顔に囲まれた家庭なら、とやかく言わなくても自然と自己肯定感を育てることはできるんです。

ところが、これができてないことがあるなと反省するこの頃です。

 

  • イライラしてつい怒ってしまう
  • 癖のようにため息が出る
  • 怒ってないよと言いつつ声のトーン低め

 

とかね。ほんと些細なことなんですけど、その積み重ねが日常であり数が増えればそれが通常になるんだ。

 

うちのお父さんとお母さんはいつも仲良しで、いっつも笑ってる。

そんな風に子供の記憶に残る人でありたいな。って。

それは子供は自己肯定感が高いにも共通するだろうし、幼少期にほぼ決まる心と思考の発達にもいい影響が出ると思う。

 

それってつまりはSDGsの

に当てはまって、一人一人ができる活動だと思うんだ。

だからやろう!

#行動

 

まとめ

私が地球上に住む一人の人間として今すぐできることの結論は

  • 笑顔で過ごして安心できる家庭を作ること

あ〜結婚式思い出すな〜。(笑)

神に誓わなかったの忘れてない?フォスフォスフォス。

母として、妻として、女性として、一人の人間として。私が最短でできる最小で最強じゃないか!と思える社会貢献活動、まずは家族から広げよう!

 

 

 

 

・SDGsマンことコージコーダイさんんが運営するブログ Life is Action Research

・国際理解教育NGO「学校から世界のミカタを考える会」 代表

・国際協力フェスタ「地球市民どんたく 」実行委員会 実行委員長

・社会人ドクター[広島大学大学院博士課程後期国際協力研究科教育文化専攻]

 

 

SDGsマン改めコーダイさんありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© やりたかったことやってみよう , 2018 All Rights Reserved.